女子中高生5人に…児童買春などの罪の秋田県警 元警察官に有罪判決

カテゴリ:地域

 女子中高生5人とみだらな行為をしたり、裸の写真を送らせたなどとして児童買春などの罪に問われている元警察官の男の裁判で秋田地裁は11日、執行猶予付きの有罪判決を言い渡した。

 判決を受けたのは、秋田中央警察署山王交番に勤務していた清水川宏被告(50)。

清水川被告は、2017年12月から2019年3月までの間、SNSを通じて知り合った女子中高生5人が18歳未満と知りながら現金を渡してみだらな行為をしたり裸の写真など合わせて94枚を送らせたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の罪に問われていた。

 11日の裁判で、秋田地裁の杉山正明裁判官は「警察官として犯罪を取り締まるべき立場にありながら被害者の性的知識の未熟さに付け込んだもので犯行は悪質」と指摘。その一方で「被害者2人と示談が成立し、懲戒免職処分など社会的制裁も受けている」とし、懲役2年6ヵ月執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。