子育ての環境づくりの大切さ学ぶ 鹿児島商議所青年部

カテゴリ:地域

若い世代の県外への流出が進む中、子どもを育てやすい環境づくりの大切さを学ぼうと、若手経営者たちの勉強会が鹿児島市で開かれました。

勉強会を開いたのは、主に鹿児島市内の45歳以下の経営者や起業家でつくる「鹿児島商工会議所青年部」です。

勉強会は、青年部がことし8月に子供の商売体験イベントを主催するにあたって開かれたもので、会員などおよそ50人が参加しました。

参加者は、講師として招かれた三反園知事から、妊産婦の健康相談や子ども食堂への支援など、現在鹿児島県が取り組んでいる子育て支援事業について説明を受けました。

三反園知事は「元気な素晴らしい鹿児島をつくって、子供たちにバトンタッチしてあげる責任が今、鹿児島に生きている大人にはある」と訴えました。

行政と民間が結束した取り組みの必要性を訴える三反園知事に、参加者からは「意見交換の機会がほしい」といった声があがっていました。