禁煙求め医師が住民監査請求 北海道議会新庁舎 喫煙所設置問題 「1000万円以上の無駄な支出」

カテゴリ:地域

 北海道議会新庁舎の喫煙所設置を巡る問題で、庁舎内の禁煙を求め、道内の医師が住民監査請求を行いました。

 住民監査請求を行ったのは日本禁煙学会北海道支部長の松崎道幸医師です。

 道議会新庁舎は2020年1月に完成する予定で、自民党・道民会議は会派の控室に議員用の喫煙所を追加することを決めました。

 訴えでは、喫煙所は道民の健康を損なうほか、周りに影響しないよう設置するには1000万円以上の費用がかかるなどとして、知事に庁舎の全面禁煙を求めています。

 日本禁煙学会北海道支部長 松崎道幸医師:「少なくとも1000万円以上の無駄な支出がなされるだろうと考えている」

 監査委員は今後、基本的に60日以内に内容を精査し、訴えが認められれば知事に勧告することになります。