「法的には米方向も迎撃可能」岩屋防衛相がイージスで言及

カテゴリ:地域

 岩屋防衛相は9日、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」を国内に配備した場合について「法的にはハワイやグアムに向けられたミサイルを迎撃することができる」と述べた。

 岩屋氏は9日の閣議後の会見で「仮に存立危機事態、米側に対する攻撃がわが国の存立を脅かし、国民の生命、自由、幸福追求の権利が覆される恐れがある事態だと認定された場合は、限定的な集団的自衛権を行使して、撃ち落とすことができる」と述べたものの、「そういう事態でなければ迎撃はできない」と強調した。

 また、運用にあたってはイージス・アショアのレーダーが捉えた情報をアメリカ側と共有する可能性について言及し「わが国に対する弾道ミサイルの脅威は、米軍のイージス艦を展開するなど日米間で緊密に連携して対処することになっている。ミサイル追尾などは双方向でリアルタイムに共有することで、こういう共有はすでに確立している」とした。

 なお、岩屋氏は秋田市の陸上自衛隊新屋演習場の再調査について「少し時間がかかる」と話すにとどめ、結果を示す時期については明言を避けた。