強豪校が2回戦で対決 “松商VS佐久長聖” 長野 

カテゴリ:地域

夏の甲子園をかけた高校野球長野大会は、9日から2回戦です。早くも強豪校が激突しました。2017年の覇者・松商学園と、去年の覇者・佐久長聖の対戦です。

甲子園の常連校、佐久長聖と松商学園が早くも2回戦で激突。松商学園は2回表、ランナーを三塁に置いて8番の森田。タイムリーヒットで先制に成功します。3回表には2番の清水が、ライトにツーランホームラン。3対0とします。松商の先発・鈴木も安定感抜群のピッチングで相手打線を寄せ付けず。シードの佐久長聖が敗れ、松商が7対0の7回コールドで勝ちました。

(ホームランを打った松商学園・清水統偉選手)「まさか超えるとは思っていなかった。長野県制覇して、甲子園で優勝できるようなチームをつくっていきたい」

そのほかの試合結果です。長野と松本の球場では6試合が行われ、シードの長野商業が敗れました。上田と諏訪の球場で行われた試合結果です。シードの上田西と東海大諏訪が順調に勝ち上がりました。