参院選で選挙公報送達と大学で街頭啓発

カテゴリ:地域

今月21日、投票の参議院議員選挙を前に立候補者の主張などが掲載された選挙公報が各市町村に発送されました。

選挙公報は公職選挙法に基づいて発行されるもので県内は選挙区分と比例代表分合わせて約165万部が用意されています。

9日はこのうち70万部が鹿児島市の運送会社で、トラックに積み込まれ、各市町村の選挙管理委員会へ発送されました。

県選挙管理委員会事務局前田旬一郎次長「選挙公報は県民の貴重な判断材料になる」

選挙公報は遅くとも今月19日までに各世帯に届けられるほか、すでに県のホームページに掲載されています。

一方、9日は鹿児島市の鹿児島国際大学で、学生に向け選挙への参加を呼びかける啓発活動が行われ、選挙管理委員会の職員らがチラシやうちわを配り投票を呼びかけました。

選挙コンシェルジュ鹿児島鹿児島国際大学4年七村祥平さん(21)「若い人にも選挙に参加してほしい」