重量挙げ村上選手 日本新記録を更新

カテゴリ:地域

富山市出身で男子ウエイトリフティングの村上英士朗選手が、またしても日本記録を塗り替えました。

7日、東京国際フォーラムで開かれた日韓中の友好大会男子109キロ超級に出場した富山市出身の村上英士朗選手。

この日は一度肩まであげたバーベルを頭上へ持ち上げるジャークで、自身のもつ日本記録を1キロ上回り227キロ、スナッチで185キロを上げ、合わせて412キロで2位に入りました。

これで村上選手は5月の日本選手権で記録した日本記録を1キロ更新する結果となり、オリンピック出場へむけ着実な成長を見せています。

村上選手「大学の後輩や富山県の方など多くの方にご声援いただいて、そのご声援が力になって日本新記録を取ることができたと思います。世界選手権はスナッチ190キロジャーク230キロを目標に調整します。」

村上選手は、9月に東京オリンピック出場の選考材料となる世界選手権に出場することになっています。