秋田県人口 97万人割り込む

カテゴリ:地域

 秋田県の最重要課題である「人口減少」。

 施策の効果はいつ感じられるのか。

 6月1日現在の秋田県の人口は96万9462人と97万人を割り込んだ。

 秋田県によると6月1日現在の県人口は男性が45万5802人、女性が51万3660人の

合わせて96万9462人となり、前の月に比べて1034人、率にして0.11%減少した。

 このうち生まれた人と亡くなった人の差を示す「自然増減」は939人の減少。

 また県内へ転入した人と県外へ転出した人の差を示す「社会増減」は95人の減少。

 市町村別にみてみると、人口が増えたのは東成瀬村と大潟村・にかほ市で小坂町は変わらず。

 

 そのほか21の市町村で人口が減っている。

 県人口は去年6月からの1年間で1万4467人減っていて減少のペースも加速している。