夏休みを前に水辺の安全点検

カテゴリ:地域

水辺での事故を防ごうと24日、富山河川国道事務所の職員などが富山市の河川敷公園などの安全点検を行いました。

点検は、水遊びの機会が増える夏休みを前に行われたものです。

富山市の常願寺川の河川敷公園では、国土交通省富山河川国道事務所や市の職員など7人が、備え付けのベンチやネット、看板などに異常がないかチェックしていました。

富山市消防局によりますと、去年1年間で富山市内では27件の水難事故が発生しています。

中では、河川での事故が最も多いということで、富山河川国道事務所では河川敷でイベントを開く際は、事故に注意するよう安全な利用を呼び掛けています。