熱海駅で不審者対応訓練 刃物持った男が不審物を置いて駅に逃走 連携と役割を確認 

カテゴリ:話題

5月、刃物をもった女による傷害事件が起きた熱海駅で、訓練が行われました。

訓練は、何者かが商業施設に不審物を置き、駅に逃走したという想定で行われ、警察への通報や利用客の避難の動きを確かめました。

熱海署・勝又紳一朗署長

「駅という不特定多数の多くの人が集まる空間、国際スポーツ大会も予定されていますので、テロ等の警戒も含めて実施することにしました」。

事件は未然防止が第一で、警察は不審なことは、すぐ連絡してほしいとしています。