盗難か紛失か…病院から医療用麻薬含む鎮痛剤7枚なくなる 北海道富良野市

カテゴリ:地域

 北海道富良野市の病院で医療用麻薬を含んだ鎮痛薬テープ7枚が無くなっていたことがわかりました。警察は事件と紛失の両面で捜査しています。

 6月13日午前10時30分ごろから15日午前10時ごろにかけて、北海道富良野市の「ふらの西病院」で医療用麻薬を含む鎮痛薬テープ7枚がなくなっていると警察に通報がありました。

オピオイド鎮痛薬貼付剤と呼ばれるこの薬は、医療用麻薬フェンタニルクエン酸塩を含む鎮痛剤で、主にがん患者などの痛みを和らげる治療に

使われていて、用法容量を誤ると呼吸障害や意識障害、最悪の場合死に至る恐れがあります。

看護師がナースステーションの鍵のついた保管庫の中から鎮痛薬テープ7枚がなくなっているのに気付き発覚しました。

 医療用麻薬は犯罪などに使われるのを防ぐためカギのかかる場所に保管し品目ごとに在庫量を帳簿に記載することが義務づけられています。

警察は窃盗事件と紛失の両面から捜査しています。