松山空港に初の『検疫探知犬』 目的は豚コレラ水際阻止!【愛媛】

カテゴリ:地域

わんダフルな助っ人です。可愛いビーグル犬が、松山空港で初めての検疫の探知犬なんです。目的は中国での豚コレラの発生を受けた水際対策です。

職員

「荷物嗅がせてもらっていいですか」

「どうぞ」

職員

「動物検疫所です。食べ物に反応する犬なんですけど、このかばんの中に食べる物は入っていますか」

中国からの到着客の荷物に反応したのは、ビーグル犬のボウ君。松山空港で初めての検疫探知犬なんです。

このボウ君が反応した荷物の中から出てきたのはソーセージ。

実は肉製品の日本への持ち込みは許可がない限り禁止。

しかしなぜ、わざわざ探知犬が…

動物検疫所神戸支所・相田善勝次長

「去年8月にアフリカ豚コレラという豚の病気が中国で発生しまして、そういった病気を絶対に入れないという水際の防疫の徹底ということで」

ボウ君が探し出すのは、豚コレラウイルスを含む恐れがある肉や加工品。税関の検査場で臭いをかぎつけるとその場に座って検疫所の担当者に知らせます。

ボウ君は全国の空港を巡りながら水際対策に務めます。