安平町の道の駅に"D51"やってきた! ファンに見守られ…旧鉄道資料館から運搬 北海道

カテゴリ:地域

 北海道安平町に4月にオープンした道の駅へ設置する蒸気機関車が13日夜、鉄道ファンが見守る中、運搬されました。

 1975年にSLが国内で最後に運行したマチとして知られる、安平町の追分地区。

 旧鉄道資料館に保存されているD51は、当初は4月にオープンした道の駅に展示する予定でしたが、胆振東部地震の影響で作業がずれ込んでいました。

 SLは13日夜、専用のトレーラーに載せられ、大勢の鉄道ファンが見守るなか市街地の国道などを1時間以上かけて、道の駅の敷地へ運ばれました。

 鉄道ファン:「乗ったことあったけど運ばれる瞬間は迫力があった」「これで安平の名前が売れるでしょう」

 安平町の道の駅のSLは16日、一般公開される予定です。