日本銀行秋田支店・村國聡新支店長が抱負

カテゴリ:地域

 日本銀行秋田支店の村國聡新支店長が14日記者会見し、「秋田県経済の発展に向けてどんなサポートができるか考えていきたい」と抱負を語った。

 日銀秋田支店の47代目の支店長となる村國聡氏は東京都出身の48歳。一橋大学を卒業後、1994年に日本銀行に入行し、システム情報局システム企画課長などを経て、6月17日付で支店長に就任する。

 村國新支店長は記者会見で「初めて秋田に来たが、ダイナミックな自然を有する土地。まさに山紫水明の土地だという印象」と秋田の第一印象を語った。

 人口減少が進む中での経済発展の方策については「労働生産性を上げる新しい事業を育てていく必要あるので、それをどのように各界が協力して成し遂げていけるのかが1つのキーになるのではないか」と話した。また、豊かな観光資源を生かした取り組みも経済のプラスにつながるとして「多くの意見を聞きながら自分たちの役割を果たしていきたい」と語った。