【北海道の天気 6/14(金)】きょうから札幌まつり でも下り坂…日曜日 太平洋側横殴りの雨

カテゴリ:地域

(佐藤俊和気象予報士が解説 午前11時50分現在)

 ◆札幌まつり期間中のポイント

 きょうから札幌まつりが始まりました。ただ、まつり期間の天気は日替わりとなりそうです。

 天気のポイントをまとめました。きょうは晴れる所が多いでしょう。

 久しぶりに暑くなりますが、日かげでは風が心地よく感じられそうです。

 土曜日は早くも天気が下り坂です。南から雲が広がり、太平洋側は夜に雨が降る見込みです。

 そして日曜日は発達した低気圧が近づきます。太平洋側を中心に大雨で、風も強く、荒れた天気となるおそれがあります。土砂災害や川が増水するおそれもありますので、お住いの地域の防災情報を確認するようにしてください。

 ◆この後の天気

 釧路は雲が多く、夜は弱い雨が降るでしょう。稚内も雲が取れにくいですが、天気の崩れはなさそうです。

 ◆予想気温

 広い範囲で、きのうより大幅に高くなります。札幌は26℃、旭川や帯広などでも夏日となるでしょう。網走はきのうより12℃も高い、25℃の予想です。

 ◆週間予報です。

 あすの札幌の雨は夜遅くからの予想です。日曜日は各地で本降りの雨となり、風も強いでしょう。月曜日は冷たい空気が流れ込んで気温が上がりません。札幌や旭川の最高気温は14℃で、4月下旬並みの寒さとなる見込みです。

 太平洋側です。日曜日の雨は横殴りで、荒れた天気となりそうです。交通機関が乱れるおそれもあります。週末にお出かけを予定されている方は、慎重に行動するように心がけてください。来週は天気が周期的に変わりそうです。