県バス協会 岩崎会長が体育館問題で記者会見

カテゴリ:地域

JR鹿児島中央駅西口に総合体育館を建設する県の計画に反対している県バス協会の岩崎芳太郎会長が、14日記者会見を開き「周辺道路の交通渋滞に関してより詳細な調査が必要」と話しました。

県は鹿児島中央駅西口近くの県の工業試験場跡地と隣接する日本郵便の土地に地上4階、地下1階建ての新しい総合体育館の建設を検討しています。

これに対して県バス協会では今月10日、「多くの人が短時間に中央駅周辺に集まり中央駅のターミナル機能が著しく低下する」などとして県に対し建設地に反対する意見書を提出していました。

また三反園知事は13日の県議会代表質問では建設地について、「慎重に検討したい」と発言しています。

14日開かれた記者会見で県バス協会の岩崎芳太郎会長は知事が建設地を「慎重に検討したい」と発言したことに対し、「感謝する」としました。その上で岩崎会長は、県が「渋滞は発生しない」とした周辺道路の交通シミュレーションについて「結論ありきの調査」としより詳細な調査をするように求めました。