赤絵師の指導を受けながら小学生が有田焼き風鈴の絵付けを体験

カテゴリ:地域

子どもたちに地元の伝統工芸に触れてもらおうと、有田町の小学校で児童が有田焼の風鈴の絵付けに挑戦しました。

有田観光協会は子どもたちに地元の伝統工芸に触れてもらおうと、6年前から有田小学校で有田焼の風鈴の絵付け体験を行っています。

14日は6年生24人が上絵付けを専門とする赤絵師の松尾嘉之さんの指導を受けながら、5色の上絵の具を使いひと筆ずつ色を重ねていきました。

児童たちはスイカや金魚など思い思いの絵を描いていました。

児童:

「まあまあできた。」「いつもは平らなものに絵付けしているが丸いものに絵付けをして描きにくいと思った。」

風鈴は松尾さんの工房で焼かれ、有田町の交流プラザ「有田館」で今月22日から展示されます。