「鋳物のポットスチル」 高岡銅器の鋳造技術を生かす

カテゴリ:ビジネス

砺波市にある若鶴酒造の三郎丸蒸留所に、鋳物のウイスキー蒸留器「ポットスチル」が完成し13日、披露されました。

完成したポットスチルは銅と錫の合金の鋳物で、大きさは直径1.8m、高さが5m、3千リットルの容量があります。

ポットスチルは従来、板金加工による手作りが一般的でしたが、今回は、高岡銅器の鋳造技術を生かした鋳物で製作されました。