住民の不安拡大も…警察・市職員が同行も有害駆除ハンターが銃所持取り消しに 北海道

カテゴリ:地域

 2018年、砂川市で市や警察の立会いのもとクマを駆除したハンターが、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検され、銃の所持許可が取り消されるというトラブルがありました。

 住民の命を守るためのハンターの行動がなぜ問題となったのでしょうか。

 田中うた乃記者:「このあたりには果樹園も多くあり、たびたびクマが目撃されていました。男性は市の要請を受け警察立会いのもと10数メートル先にいた子グマを駆除しました」

 北海道猟友会 池上治男支部長:「ハンターに頼んでおいて片方で撃ったらダメと。何を信用したらいいんだか。おかしいよ本当に」

 こう話すのは、北海道猟友会砂川支部の池上治男支部長です。池上さんは2018年8月、砂川市からの連絡を受け砂川市宮城の沢のクマの出没現場に出動し、1頭のクマを駆除しました。

 池上さんによりますと、市の担当者や警察官が周辺住民に注意を促し、現場で安全を確認した後、市が依頼する形で駆除したということです。

 しかし、池上さんはその後、公安委員会の許可なしに発砲したなどとして、鳥獣保護法違反の疑いで書類送検されました。

 不起訴にはなりましたが建物の近くで発砲したことが問題視されライフル銃の所持許可が取り消されてしまいました。

 北海道猟友会 池上治男支部長:「何がなんだかわからない、市の要請で駆け付け駆除したのに、じゃあ、人が襲われるまで対応できないのか。私たち何も悪いことしていない、市民のためにしているクマを駆除して警察官もよかったよかったと言っていた」

 しかし、今回の件について警察は、現場で発砲に同意した覚えも事実もはないとコメントしていますが、砂川市内では、同じように立件されることを恐れ、ハンターが出動しづらい状況となり、有害駆除が実施できなくなっています。

 付近の農家:「やっぱりクマは怖いから、駆除してくれるとはありがたい。(ほかの町でも)ハンターが来なかったら不安だという声も聞いている。ぼくたちも不安です」

 クマの出没が相次ぐなか、道内のハンター達に動揺が広がっています。