高校生平和大使がミュージカルに 主演は元AKBの岩田華怜さん

カテゴリ:地域

核兵器廃絶を目指して活動をしている高校生平和大使を題材にしたミュージカルが、この夏東京で上演されます。

主演は元AKB48のメンバーで女優の岩田華怜さんが努め、関係者が長崎市を表敬に訪れました。

長崎市役所を訪れたのは元AKB48のメンバーで現在は舞台を中心に活動している女優の岩田華怜さんや演出家の田中広喜さんなどです。

岩田さんは核兵器廃絶を求めて署名活動を続けている高校生平和大使をテーマにした舞台の主演を務めます。

20年以上にわたる活動を広く知ってもらいたいと、長崎出身の田中さんが脚本、演出を手がけます。

岩田さんは12歳のときに宮城県で東日本大震災を経験し、芸能活動の傍ら、震災の記憶を風化させたくないと被災地の今を発信し続けていて、悩みながらも平和活動に取り組む高校生の姿に自分を重ね合わせていました。

岩田華怜さん「場所は違えどこんなにも前から若い子達が声をあげて平和を願う活動をしている子がいたんだと。これからの日本、未来を作っていくのは私たちの世代だよ、とこの作品を通して若い子達にもっと伝えていけたら」

「Signs!~微力だけど無力じゃない~」は、2019年8月に東京都内で上演され、2020年秋ごろには長崎市で地元の高校生も出演した舞台も計画しています。