少年の下半身触りわいせつ行為…大洲市役所職員が広島で逮捕

カテゴリ:地域

今年3月、走る車の中で10代の少年に対しわいせつな行為をした疑いで、大洲市の臨時職員の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、大洲市子育て支援課の臨時職員・西野正悟容疑者(24)です。

広島県警によりますと、西野容疑者は今年3月29日の正午すぎ、広島市で軽乗用車を運転中に、助手席に乗っていた知人の10代の少年の下半身を触った疑いです。

西野容疑者は当時、広島市内に住んでいて、警察の調べに対し容疑を認めているということです。

大洲市は事件後の今年5月、西野容疑者を臨時職員として採用していて、「事実関係を確認し厳正に対処したい」としています。