香取慎吾さんがサプライズ登場 ロケ地 塩釜仲卸市場で試写会〈宮城〉

カテゴリ:地域

新鮮な魚介類が並ぶ市場に、とれたての「映画」が入荷しました。宮城県塩釜市の仲卸市場で13日、宮城県内で撮影が行われた映画の試写会が行われ、主役を演じた香取慎吾さんも駆けつけました。

塩釜港にほど近い、塩釜水産物仲卸市場です。

ふだん、観光客や買い物客でにぎわう市場の中に、1日だけの、臨時の映画館が設けられました。

これは1年前の6月13日、この市場からロケが始まった、映画「凪待ち」の完成試写会で、メガホンをとった白石和彌監督は「ロケをスタートした市場で上映できるのがうれしい」とあいさつしました。

そして、この人も…。

「主演の香取慎吾さんです。どうぞ大きな拍手をお願いします」

主人公を演じた香取慎吾さんがサプライズで登場。

会場からは歓声があがりました。

映画「凪待ち」 主演 香取慎吾さん

「1年前にここで撮影をさせていただいてとてもいい映画になったと思います。いち早く皆さんに見てもらえることをとてもうれしく思います」

13日の試写会にはロケに協力した市場関係者など約100人が招かれ、完成したばかりの映画を鑑賞しました。

市場関係者

「市場を舞台に選んでくれたということがありがたい。宣伝になるので」

市場関係者

「東北の復興してる姿を全国の方々に見てもらえると、最高にいい」

映画「凪待ち」は震災後の石巻や女川を舞台に、恋人も仕事も失った香取さん演じる自堕落な男が絶望の淵からゆっくりと立ち上がっていく切なくも温かい物語。

6月28日に封切りとなり、県内ではTOHOシネマズ仙台とイオンシネマ石巻で上映されます。