交番のドアガラス“蹴って割る” 40歳の男を逮捕 タクシー運転手と道順でもめ犯行か 福岡市

カテゴリ:地域

2018年7月、福岡市で交番のガラスが割られた事件で40歳の男が逮捕されました。

タクシーの運転手と道順でもめていたということです。

建造物損壊の疑いで逮捕された、福岡市東区箱崎の自称・アルバイト野村栄彦容疑者(40)は2018年7月、福岡市中央区の通称・親不孝通りにある舞鶴交番で、出入り口のドアガラスを足で蹴って割った疑いが持たれています。

警察によりますと、野村容疑者は乗っていたタクシーの運転手と道順についてもめ、運転手が近くにあった舞鶴交番に駆け込んだ際、犯行に及んだということです。

警察はタクシーのドライブレコーダーや防犯カメラの映像などから野村容疑者を割り出し、逮捕に至りました。

調べに対し、野村容疑者は「まちがいありません」と容疑を認めています。