周桑産アムスメロンの収穫がピーク【愛媛・西条】

カテゴリ:地域

初夏の香りを運ぶフルーツ「アムスメロン」の収穫が西条市でピークを迎えています。

朝8時から、JA周桑の産直所「周ちゃん広場」には長蛇の列が。特産のアムスメロンを買い求める人たちです。

西条市の周桑地区は県内最大のアムスメロンの産地で、今年も先月下旬から収穫が始まっています。市内丹原町長野の戸田公彦さん(57)の25アールの農業用ハウスも収穫がピークを迎え、大きく実ったメロンをハサミでひとつずつ丁寧に摘みとっていました。

今年は5月からずっと天候に恵まれておいしいメロンに仕上がっていると言うことです。

収穫は来月上旬まで続き、JAでは去年より3トン少ない80トンの出荷を見込んでいます。

また期間限定で今年も登場したのが「メロンマウンテン」(880円)

メロンを半分使いソフトクリームを乗せた豪快なスイーツで、こちらも周ちゃん広場のカフェで大人気となっています。