北九州市の港に“クジラ”迷い込む 体長約4メートル 漁協が船に注意呼びかけ 福岡県

カテゴリ:地域

福岡県北九州市の12日朝、クジラとみられる生物が迷い込んでいるのが見つかりました。

午後6時現在、船への被害などは確認されていません。

現場の状況を中継でお伝えします。

【中継 藤野記者】

北九州市小倉北区の西港地区に来ています。

いま黒い背びれのようなものが見えました。

大勢の見物客が訪れ、その姿を写真に収めようとしています。

北九州市によりますと、12日午前7時ごろ航行していた漁船から「クジラのような生き物が港に迷い込んでいる」と連絡がありました。

体長は4メートルほどではないかとみられ、港の中を泳ぎ海面から時折ヒレの一部が見える状況です。

市からの問い合わせを受け、映像も確認した山口県下関市の水族館「海響館」によりますと、特徴などからクジラの一種の「コビレゴンドウ」とみられるということです。

【電話の声 「海響館」立川 利幸さん】

「もし4メートルというのが本当だったら、子供ではないと思います。

 救護しようと思ってもなかなか難しいと思います。

 危険も伴うので、こういう場合は見守るしかないかと」

海響館によりますと、過去には佐賀県の唐津湾にコビレゴンドウが迷い込んで保護されたこともあるということです。

漁協が近くを通る船に注意を呼びかけていて、北九州市は「当面は港の外に出て行くのを待ちたい」としています。