口永良部島 噴火警戒レベル2に引き下げ 鹿児島

カテゴリ:地域

噴火警戒レベル3が続いていた口永良部島の新岳について気象台は、12日、噴火警戒レベルを2の火口周辺規制に引き下げました。

口永良部島の新岳では去年10月3年ぶりに噴火しその後、断続的に噴火が発生していましたが、今年2月以降は噴火が観測されていませんでした。

新岳付近の火山性地震は、今年2月以降少ない状態が続いていることなどから、気象台はきょう口永良部島の噴火警戒レベルを3の入山規制から、2の火口周辺規制に引き下げました。

ただし、気象庁では、火口からおおむね1キロの範囲では、小規模な噴火に伴う噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。