もうすぐ梅雨…松山の老人ホームで土砂崩れ想定の避難訓練

カテゴリ:地域

梅雨のシーズンを前に松山市の老人ホームで11日、土砂崩れを想定した避難訓練が行われ、職員らが高齢者をスムーズに避難させる手順などを確認しました。

松山市の特別養護老人ホームで行われたこの避難訓練は、大雨により建物の近くで土砂災害が発生する危険性が高まったという想定で行われました。

施設では、市が高齢者など逃げるのに時間がかかる人たちに避難を呼びかける『警戒レベル3』を出したのを受け、ホームの職員や地元の自主防災組織のメンバーらが協力し高齢者を避難誘導。

建物内で土砂災害が起きそうな場所から一番離れた安全な部屋に誘導しました。

参加者らは、高齢者をスムーズに避難させるため連携の手順などを確認していました。