食品ロス削減へ ローソンが愛媛で取り組みを先行スタート

カテゴリ:地域

まだ食べられる食べ物が大量に捨てられるいわゆる「食品ロス」。

大手コンビニのローソンが、食品ロスを削減する対策を11日から全国に先駆けて愛媛でスタートしました。

正本健太キャスター「きょうから始まる食品ロス対策。おにぎりとお弁当が対象商品になるんですが、陳列されてる商品見てみると、同じ商品でも通常のものとシールが貼られているものがありますね」

大手コンビニ・ローソンは11日から全国に先駆けて、県内の218店舗で実質値引きで食品ロスを削減する対策をスタートしました。全国のローソンで年間の食品ロスの量が約4.4万トンにも及んでいる中、11日から始まった対策とは…

ローソンコミュニケーション本部・遊田久美子アシスタントマネジャー「こちらの商品をご購入いただきますと、100円につき5ポイントが付与されるというプログラムになっております。それに加えて、売り上げの5%を子育て支援の方に寄付させていただくという取り組みになっています」

食品ロス削減対策の対象商品が店頭に並んだ午後4時。さっそく商品を買う人の姿が見られました。

買い物客「愛媛と沖縄でやるっていう記事を見まして。興味があって買いに来たという経緯です。普段我々が目に見えないところにお金やサポートができる取り組みはいいんじゃないか」

この取り組みは11日から今年8月末まで約2か月間実施され、今回の結果を受けて、来年度以降全国展開も検討するということです。