パトカーに追跡の車が崖から転落・男女2人死亡 女性の首に絞められた痕 秋田 

カテゴリ:地域

 9日夕方、青森県で秋田県警能代警察署のパトカーに発見・追跡されていた車が崖から転落、乗っていた男女が死亡した。男女は以前交際関係にあり、女性から男性とのトラブルに関する相談が寄せられていた。警察は、事件の可能性も含めて調べている。

 9日午後、秋田市東通の会社員・池島修寿さん39歳と能代市落合の飲食店従業員・佐藤麻美さん32歳のそれぞれの家族から、警察に「行方が分からなくなった」との届けがあった。捜索中のパトカーが、秋田県八峰町の道の駅はちもりの駐車場で池島さんの車を見つけ近づいたところ、車は青森県方向に急発進しパトカーが約1.5キロ追跡した。

 パトカーが、池島さんの車を追跡したところ、9日午後5時20分頃、青森県深浦町の国道101号沿いにあるドライブインの駐車場で、池島さんの車がフェンスを破って崖から約40メートル下に転落しているのが見つかった。車は転落の衝撃で大きく壊れ、池島さんと佐藤さんが車から飛び出した状態で遺体で見つかった。

 警察によると、池島さんの車は時速80キロから100キロほどのスピードで走っていたとみられ、パトカーは赤色灯はつけて追跡したものの、サイレンを鳴らして走る緊急走行はしなかった。

 2人は以前交際していて、佐藤さんは1週間ほど前に、警察に池島さんとのトラブルについて相談していた。警察は2人の遺体を10日午前司法解剖し、佐藤さんの首に絞められたような痕があることが分かった。女性の死因は頸部圧迫。警察は、殺人事件として捜査を始めた。