高校野球NHK杯決勝 佐世保実業と創成館が対戦

カテゴリ:地域

夏の甲子園の前哨戦と言われる、高校野球NHK杯県大会の決勝戦が長崎市で行われ、佐世保実業と創成館が点を取り合う熱い戦いを繰り広げました。

長崎市のビッグNスタジアムで行われた決勝戦は佐世保実業と創成館の顔合わせです。

3回表、佐世保実業は3番 丹羽のライト前ヒットで先制します。

その後も点を取っては取られの展開が続き、2対2で迎えた7回ウラ。創成館は4番・深見のライト前ヒットで2塁ランナーがホームイン、3対2と勝ち越します。

続く松本のライトへの犠牲フライで1点を追加。さらに、山本のタイムリー2ベースヒットで点差を3点に広げます。

8回表、佐世保実業も1アウト満塁から1点差に詰め寄りますが、創成館の守備に阻まれ反撃もここまで。

創成館が5対4で2年ぶり5回目の優勝を果たしました。