よりよい社会を!国際共通目標「SDG」を学ぼう!

カテゴリ:地域

貧困の撲滅など国際社会の共通目標「SDGs」をテーマに8日、今治市でイベントが開かれ、訪れた人が意識を高めました。

「SDGs」は国連に加盟している193ヵ国が採択した国際目標で、貧困や不平等の撲滅など17の項目について、2030年までの達成を目指しています。

会場では目標に沿った様々な催しが展開され、食品リサイクル業の代表は、どんな会社も創業は社会課題の解決が動機でSDGsが指針になると指摘していました。

また今治西高校の海外研究部の部員たちは、発展途上国からカカオなどを適性な価格で取り引きしている取り組みを説明し、訪れた人は社会貢献への意識を高めていました。