肝付町で男性が農機具の下敷きになり死亡・鹿児島

カテゴリ:地域

22日午後、肝付町の畑で93歳の男性が耕運機の下敷きになっているのが見つかり、死亡が確認されました。

警察によりますと22日正午すぎ、肝付町富山の畑で「農機具がひっくり返って人が下敷きになっている」と近くに住む人から警察に通報がありました。

畑には近くの農業、牧光雄さん(93)がうつぶせに近い状態で農機具の下敷きになっていて病院に運ばれましたが、およそ1時間10分後に死亡しました。

農機具は手押し式のものでエンジンはかかったままだったということです。

警察が事故の原因を調べています。