29歳介護士 父親を殺害しようと洋弓銃で撃つ 仕事上の不満たまっての犯行か 北海道日高町

カテゴリ:地域

 父親をクロスボウ弓(洋弓銃)で撃ち、けがをさせたとして、日高町の29歳の男が殺人未遂の疑いで逮捕されました。

 北海道日高町の介護士谷井護容疑者(29)は5月11日午前10時ごろ、職場の老人介護施設に隣接する自宅で、父親(59)の頭部に向け、クロスボウで矢を撃ち、父親の唇にけがをさせた殺人未遂の疑いが持たれています。

 警察によりますと、銃は30センチ程の小型のもので、矢は細いものとだということです。 

 谷井容疑者は事件直後から行方不明となり、16日、家族が警察に捜索願を出し、事件が発覚しました。

 谷井容疑者は17日、北海道森町で発見され「父に不満があった」と容疑を認めています。