参院選見据え、野党統一候補擁立を再要請 鹿児島県

カテゴリ:ビジネス

夏の参院選に絡み、憲法改正などに反対する市民団体が県内の野党に統一候補を擁立するよう改めて要請しました。

夏の参院選には、自民党の尾辻秀久さん、共産党の松崎真琴さん、国民民主党の合原千尋さん、社民党の伊藤周平さんの4人が立候補を表明しています。

県内の野党4党は、候補の一本化を目指して協議を続けていますが、まだ結論は出ていません。

参院選での統一候補擁立を要請したのは、憲法改正などに反対する市民団体です。

市民団体はこれまでも候補の一本化を訴えていて、会見でも「共闘の形を整えるだけでは選挙に勝てない」などとして、改めて野党に統一候補の擁立を要請するとしました。