堺市長選 自民党の野村市議が離党して出馬

カテゴリ:地域

6月行われる堺市長選挙に、自民党の堺市議が辞職し、無所属で出馬することを表明しました。

【堺市長選に立候補を表明した野村友昭さん(45)】

「たった一人での出発となりましたが、今回の選挙戦を最後まで戦ってまいりたい」

17日、堺市長選への出馬を表明した堺市議の野村友昭さん(45)。

議長あてに辞職願を提出しました。

いわゆる「大阪都構想」に反対する立場の野村さんは自民党所属ですが、離党して無所属で出馬することを決めました。

野村さんは6月11日、自民党大阪府連の渡嘉敷奈緒美会長が都構想の住民投票実施に賛成の立場を表明したことに不快感を示しています。

【堺市長選に立候補を表明した野村友昭さん(45)】

「そこ(住民投票賛成の立場)は絶対考え直してくれということは強くお願いしてきたんです。私は住民投票の実施にも強く反対します」

野村さんは政党の支援を受けずに選挙戦にのぞむということです。

一方、6月9日、投開票の堺市長選挙に立候補を表明している大阪維新の会公認の永藤英機さん(42)は「都構想を争点にしない」としているほか、諸派の立花孝志さん(51)も立候補を表明しています。