「視界入らないから燃やしやすい」苫小牧アパート放火 62歳女送検 逮捕前カメラに激白 北海道

カテゴリ:地域

 北海道苫小牧市のアパートに住む62歳の女が16日、放火の疑いで逮捕された事件で、女は逮捕前、犯人の気持ちを推し図るかのように、UHBのインタビューに答えていました。

 山田由美子容疑者(62):「そっちにも通路があるからそっちに火をつけられたら分からない。視界に入らないから燃やしやすいのか、こことかならわかるでしょ」

 このように逮捕前女は、犯人の気持ちを代弁するかのように、インタビューに答えていました。

 放火の疑いで17日に送検されたのは、苫小牧市日吉町4丁目の無職・山田由美子容疑者(62)です。

 山田容疑者は4月14日自身の住むアパート敷地内で新聞紙に火をつけた疑いが持たれています。

 警察の調べに対し山田容疑者は、容疑を認めているということです。

 このアパートでは今年3月以降、山田容疑者の息子のワゴン車が燃えるなど計5件の放火事件が起きていて、警察は他の4件についても、山田容疑者がかかわったとみて、関連を調べています。