1歳娘の顔に“容器投げつけ” 23歳父親を逮捕 日常的に虐待か 母親が市役所に相談 福岡県宗像市

カテゴリ:地域

2018年11月、当時1歳の長女にプラスチック容器を投げつけ目の上を切るけがを負わせた疑いで、福岡県宗像市の23歳の男が逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、宗像市の無職・小林嵐容疑者(23)です。

警察によりますと、小林容疑者は2019年11月、当時住んでいた茨城県の自宅アパートで当時1歳の長女にノリが入ったプラスチック製の容器を投げつけ、右目の上を切るけがを負わせた疑いです。

小林容疑者と妻、長女の3人は2019年2月に宗像市に引っ越したあと、2019年3月に妻が「子どもがたたかれて、自分も暴力を振るわれる」と宗像市役所に相談していました。

警察の調べに対し、小林容疑者は長女にけがをさせたことを認めているということで、警察は虐待やDVが日常的に行われていた疑いがあるとみて、さらに調べることにしています。