生後8ヵ月ライオン 2頭公開 八木山動物公園

カテゴリ:地域

動物公園の人気者、「ライオン」の姿をまた見ることができるようになりました。2ヵ月前に太白区の八木山動物公園にやってきた2頭の若いライオンが、17日、公開されました。

活発に動き回ったり…。じゃれ合う姿が愛くるしい2頭のライオン。

太白区の八木山動物公園で17日、公開されたのは広島から来たオスの「サン」と、秋田から来たメスの「なお」。

いずれも生後8ヵ月で、人間で言うと12歳ぐらいの子供です。

2頭の見分け方は、しっぽです。

しっぽの先が黒いのがオスの「サン」。

しっぽの先が丸くなっているが、メスの「なお」です。

甘えん坊で、好奇心が強く、2頭でいるときはいつもじゃれて遊んでいるということです。

この2頭は、去年、18歳の「オニール」が死んだことを受けて、今年3月、八木山動物公園にやってきました。

仙台に来てから約2ヵ月が経ち、2頭とも動物園の環境に順調に慣れてきたことから、17日のお披露目となりました。

見に来た人

「かわいかった」

Qどこがかわいかった?

「みみ!」

見に来た人

「最近いなかったからやっと見れるなという感じです」

見に来た人

「まだ小さいのでわからないですけど、元気に育って成長を見たい」

八木山動物園 ライオン飼育担当者

「以前は大人のライオンだったので昼間は寝ている時間が多かったんですけど、今回は生後8ヵ月のライオンということで活発に動きまわる姿を見ていただけるかなと思っている」

動物園では当面の間、毎日午前9時から1時間程度の公開を予定しています。