架空の開発計画で6000万円だまし取る

カテゴリ:地域

逮捕されたのは東京都の会社役員田島剛容疑者。

警察によると田島容疑者は、5年前 福島県の県中地方の製造業の会社に対し架空の開発計画などへの参加を持ち掛け、情報漏えい防止の補償金の名目で約6000万円をだまし取った疑いが持たれている。

田島容疑者は外資系企業の社員を装い、金を海外の口座に送金させていて、開発計画が進まないことを不審に思った会社が警察に相談して被害が発覚。

警察が余罪についても調べを進めている。