30万円の衣装代に118万円支払い命令 北九州成人式 レンタル代“踏み倒し”めぐる裁判 福岡県

カテゴリ:地域

福岡県北九州市のど派手な成人式をめぐり、レンタル衣装代が未払いだとして店側が訴えている裁判。

16日、裁判所は30万円の衣装を借りた客に延滞料など含む約118万円の支払いを命じました。

北九州市の成人式をめぐっては、ど派手なレンタル衣装の代金を支払わない人がここ数年相次いでいます。

レンタル衣装店「みやび」の運営会社は、少なくとも30人を相手に訴えを起こし支払いを求めています。

このうち16日、岡山県の男性1人に対し判決が言い渡されました。

男性は2年前に30万円で衣装を借りましたが、支払ったのは頭金の4万円だけで衣装の返却も期限を半年以上過ぎていました。

裁判所は店側の主張を認め、男性に延滞金などを含む約118万円の支払いを命じました。

「代金を踏み倒しても大丈夫」との根拠のないうわさが広がり、未払いはここ数年増えていました。