県内で初めての「環状交差点」 今月20日の供用開始を前に安全指導

カテゴリ:地域

県内で初めての「環状交差点」が、上市町で今月20日に供用開始されます。

環状交差点は、車両の通行部分がドーナツ状になっていて、信号機はなく交差点の中は車両が右回り、時計回りに通行しそれぞれの出口から目的の方面へ向かいます。

県内初の環状交差点が整備された上市町の交差点では16日、開通を前に安全に利用してもらおうと近くの陽南小学校の児童62人が参加し安全指導が行われました。

安全指導では、白バイが実際に環状交差点を走行し、交差点内の通行のルールを披露していました。

また、児童が横断歩道の渡り方を習い、歩行者用の信号機もないため右左をしっかり見ることを確認していました。

環状交差点は今月20日に供用開始になります。

環状交差点は対向車との衝突事故が起きにくい仕組みの他、信号機がないため、大規模災害などでの停電の影響を受けないというメリットも期待されています。