秋田ノーザンハピネッツ白濱僚祐選手 ユニフォームを脱ぎ〇〇に…

カテゴリ:地域

 プロバスケットボール・秋田ノーザンハピネッツ在籍3年目の白濱僚祐選手。

日本人フォワードとしてB1残留に貢献した。そんな白濱選手が16日、ユニフォームではなくあるものを着て登場した。

 

 秋田臨港警察署にやってきた白濱選手。なぜこの場所を訪れたかというと…一日警察署長に委嘱されたため。制服姿もなかなか決まっている。

 署長としての最初の仕事は署内の巡視。各部署を回り職員を激励した。白濱選手は「署長って大変だなあと思った。(警察官は)やっぱりすごいな、かっこいいなと思う」と話した。

 続いてパトカーに乗り込み向かったのは秋田市のある会社。全席でのシートベルト着用に積極的に取り組む事業所に指定した。

 白濱選手は「春の全国交通安全運動期間中なので秋田に悲惨な事故が起きないよう安全な秋田にしていけたら」と呼びかけた。

 試合中とは一味違った姿を見せた白濱選手。一日署長としての仕事を全うしたということだ。