1万6000回分の覚せい剤 船でタイから密輸か 税関で不審な袋見つかる

カテゴリ:地域

覚せい剤を密輸入したとして、富士市に住む男が逮捕されました。

押収された覚せい剤は480グラム末端価格で2800万円相当、約1万6000回分にあたるということです。

逮捕されたのは富士市に住む製茶業の従業員・南田英樹容疑者(46)で、4月覚せい剤480グラムを販売目的でタイから密輸入した疑いです。

船で届いた不審な袋に覚せい剤が含まれているのを、清水税関の職員が見つけ発覚しました。

警察によりますと480グラムは一般的な使用量の1万6000回分、末端価格で2800万円に相当するということです。

警察は南田容疑者の認否を明らかにしておらず、余罪や入手経路を追及する方針です。