広告のあり方は 全日本広告連盟富山大会

カテゴリ:ビジネス

全国のマスコミや広告に関係する企業、団体が集まる、全日本広告連盟富山大会が16日開幕しました。

大会は広告のあり方を考えようと年に一度開かれているもので、30年ぶりに富山で開催されました。

16日の式典には全国のマスコミや広告代理店など、日頃、広告に携わる企業などから1200人あまりが参加しました。

式典では高木繁雄大会組織委員会会長が「平成を振り返り、令和における広告がどのようになるか共有したい」と歓迎のあいさつをしました。

その後、地域の活性化に貢献した優れた広告に贈られる地域キャンペーン大賞の表彰や「広告が直面する課題と広告の未来」と題したパネルディスカッションが行われ、活発な意見交換が交わされていました。

17日は、県内企業や観光地の視察が行われることになっています。