坂本八幡宮の“御朱印”18日から再開へ 週5日授与 「令和」発表で参拝者200倍に 福岡県太宰府市

カテゴリ:地域

「令和」フィーバーで参拝者が殺到し御朱印の授与などを見合わせていた神社が、18日から対応を再開することになりました。

大型連休中には御朱印を求めて最大3時間待ちの長い列が出来た、福岡県太宰府市の坂本八幡宮。

「令和」ゆかりの神社として参拝者の数が新元号発表前の200倍以上に増え、氏子らが過労で体調を崩したりしたことなどから、連休明けから参拝者の対応を見合わせていました。

しかし、再開を望む声を受けて坂本八幡宮では13日臨時の総会を開き、18日から対応を再開することを決定しました。

対応は、毎週月曜と木曜の休みを除く午前9時から午後4時までで、書き置きの御朱印を準備し、可能な日時に限って宮司らが直接書くこともあるということです。