こいのぼり掲げ園児が大行進 秋田

カテゴリ:地域

5月5日の端午の節句を前に25日、秋田市の幼稚園に通う子どもたちが元気に成長した姿を見せた。

園児たちは小雨が降る中、自分で作ったこいのぼりを掲げながら商店街を歩いた。

こいのぼりを掲げ元気よく街を行進したのは、秋田市の聖霊幼稚園・保育園に通う年長組と年中組の園児約70人。

園を出発した時に一旦あがった雨は、行進の途中に再び降り始めた。

それでも子どもたちは雨を吹き飛ばすかのように元気よく商店街を歩いた。

園児は「楽しい」「みんなが元気になる色をこいのぼりに付けた」と笑顔を見せた。

沿道では大勢の保護者や商店街の人たちが見守った。

保護者は「すごく元気で見ていてうれしくなった。感激して胸がいっぱい」「孫の成長はあっという間。元気に育ってくれて頼もしい」と子どもたちの成長に目を細めていた。

商店街を約1キロ練り歩いた子どもたちは、また一段成長の階段を登った。