秋田県拠点のコールセンター 約500人規模のセンターを新設へ

カテゴリ:地域

コールセンターの業務を行なう「プレステージ・インターナショナル」が、秋田県にかほ市に新たに500人規模のセンターを作ることになり、県・にかほ市と立地協定を結んだ。

プレステージ・インターナショナルは、秋田市・にかほ市・横手市の県内3つの拠点でコールセンターの業務を行ない約2000人を雇用している。事業の拡大にともない、さらなる従業員確保の必要性が出てきたことから、プレステージ・インターナショナルは秋田県内で最初に業務を始めたにかほ市に新たなセンターを整備することにし、23日に県・にかほ市と協定を結んだ。

プレステージ・インターナショナルの玉上進一社長は「グループの成長にとって秋田とのかかわりを強く、太くしつつ事業を展開していきたい」とあいさつした。

新たなセンターは、にかほ市平沢に整備する予定で、2019年度中ににかほ市が土地の造成をはじめ、2021年4月の業務開始を目指している。にかほ地域を中心に新規の従業員を募り、将来的には500人体制のコールセンターとする方針。

佐竹知事と市川にかほ市長は「雇用だけでなくまちづくりのパートナーとして地域活性化に貢献してほしい」と期待を寄せる。