新東名210キロ男 「車は処分した」 極めて悪質と逮捕 静岡県警

カテゴリ:地域

スピードオーバーは90キロ、新東名高速道路を時速210キロで走行したとして静岡市に住む20歳の男が逮捕されました。「車は処分した」と供述しているということです。

道交法違反の疑いで逮捕されたのは葵区田町の無職大原昌裕容疑者で、3月24日の午後10時頃、新東名の制限速度120キロの試行区間で制限を90キロ超える210キロで走行した疑いです。

警察によりますと自動速度取締装置、通称「オービス」にセダンタイプの車を走らせる大原容疑者の姿が映っていたということです。

大原容疑者は「スピードを出したことは間違いない」と容疑を認め、「乗っていた車は処分した」と供述しているということです。

警察は極めて悪質で危険な行為として逮捕に踏み切りました。

そして罰則は、制限速度を50キロ以上オーバーした場合「減点12点・免許停止120日」、これに罰金が加えられます。