JR鹿児島線 貨物列車にはねられ71歳死亡 3時間以上運転見合わせ3万人以上に影響 福岡県宗像市

カテゴリ:地域

福岡県宗像市のJR鹿児島線の踏切内で、男性が貨物列車にはねられ死亡する事故がありました。

記者

「JR赤間駅に近い踏切です。ちょうどこのあたりで事故は起きました。

 現在、警察による実況見分が行われています」

16日午後7時半ごろ、JR鹿児島線赤間駅付近の踏切内で、貨物列車(上り)が男性をはねました。

はねられたのは近くに住む71歳の男性で、現場で死亡が確認されました。

貨物列車の運転士は「一瞬のことだったので、事故の状況をよく覚えていない」と話しているということです。

この事故の影響で、鹿児島線は上下線で約3時間15分に渡って運転を見合わせたほか、福北ゆたか線や日豊線にも遅れが出て、3万人以上が影響を受けました。

警察と消防が事故の原因を調べています。