飲酒で追突事故後に逃走 “ひき逃げ”21歳女を逮捕 基準値約3倍のアルコール 福岡市

カテゴリ:地域

4月10日の未明、福岡市で車を飲酒運転して追突事故を起こし4人にケガをさせて逃げていた女が、17日ひき逃げなどの疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、福岡市博多区のアルバイト・八木莉里容疑者(21)です。

警察によりますと、八木容疑者は4月10日の午前1時半ごろ、福岡市中央区春吉で普通乗用車を飲酒運転し、渋滞で止まっていたタクシーに追突する事故を起こしました。

タクシーはそのはずみで前の車に衝突し、2台の車の合わせて4人が軽傷を負いましたが、八木容疑者はそのまま走り去っていました。

警察はナンバーの目撃情報を元に、約2時間後に自宅に戻っていた八木容疑者を発見したということです。

八木容疑者からは基準値の3倍近いアルコールが検出されていて「事故の後逃げたのは間違いない」と容疑を認めているということです。